糖尿病の症状についてご存知でしょうか。糖尿病を放置するとさまざまな病気を併発して命に関わるケースもあります。糖尿病以外にも患者が多い高血圧や頻尿、痛風などについても載せていますので詳しく知って頂ければと思います。原因や症状、治療法を知っておけば予防もできますし、いざとなっても落ち着いて治療開始できますので、ぜひ当サイトをご活用下さい。

よく使われる高血圧治療薬について

高血圧の治療には血圧を下げる降圧剤が使われます。
血圧を下げる仕組みの違いによって5つの系統に分かれており、その下に主成分が異なる数多くの薬があります。
同じ主成分でも先発医薬品とジェネリックがあり、それぞれ名称が違っているため降圧剤だけでも相当数ある状態です。
高血圧治療の第一選択薬はカルシウム拮抗薬・ACE阻害薬・ARB・利尿薬の4種類の系統で、そのほかにベータ遮断薬があります。

高血圧治療の処方薬としてよく使われるものではカルシウム拮抗薬のノルバスクとアダラート、ARBのミカルディスがあり、患者それぞれの体質や症状などで処方が変わってきます。
カルシウム拮抗薬は、血管を収縮させるカルシウムが筋肉に流入し血管を収縮させるのをブロックして血管を拡張させて血圧を下げます。
ノルバスクやアダラートの主成分はそれぞれ違いますが、同じジヒドロピリジン系と呼ばれる種類で、優れた降圧効果を持ち効き目が早いという利点があります。

ミカルディスはARBと略されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれる系統で、カルシウム拮抗薬が血管に働きかけるのに対してARBは人体に備わる血圧上昇システムを阻害して降圧作用をもたらします。
ミカルディスを含むARBは降圧効果に加えて心臓や腎臓の組織が高血圧の悪影響を受けることから守ったり、血糖値の改善も期待できることから選ばれやすくなっています。

ノルバスクやアダラートなどのカルシウム拮抗薬は血管を拡張させて降圧を行うことから頭痛や顔のほてり、めまいやふらつきといった副作用が出ることがあります。
ミカルディスなどのARBは血圧を下げ過ぎたことによる低血圧から生じる頭痛やめまい、ふらつきがあり降圧の仕組みは違うものの、どちらの系統も服用後にめまいやふらつきが出た場合は医師に相談することが重要です。
よく使われている降圧剤は、医師からの指示や用法用量を守って服用している限り重篤な副作用は出にくいと言われますが、何らかの異変があった場合はすぐに病院へ行って診察を受けておく方が安心です。

高血圧治療薬は通販で購入も可能

普段から高血圧の治療として降圧剤を処方されている場合、心配になるのが処方された分が残り少なくなったにもかかわらず病院へ行く時間が取れなかったり、何らかの事情で外出がままならない時です。
降圧剤は作用が強く中には心臓の働きに直接作用する系統もあり、病院で医師の診察を受けてから処方されるため、市販薬は無くドラッグストア等では購入できません。
ストックが無くなっても病院へ行けない場合、高血圧が悪化してしまう恐れもあります。

原則的に処方せんがなければ購入できない降圧剤ですが、現在では個人輸入代行という仕組みで通販を行っているサイトから処方せん無しでもノルバスクやアダラート、ミカルディスなどの降圧剤を購入することが可能になっています。
日ごろ服用している薬が無くなっても病院に行けない緊急事態にも対処できるほか、万が一の際のストックとして購入しておきたい場合にも役立ちます。

医師からの処方を受けて毎日服用しているのと同じ降圧剤であれば、用法用量や副作用の注意事項なども把握していると考えられますが、同じ系統であっても主成分が違う薬を個人輸入代行ショップから購入したい場合は注意が必要です。
比較的副作用が少ないとされる降圧剤であっても、基本的に医師の診察を受けて最適と判断された種類が処方されているため、勝手な変更は副作用が生じるリスクを高めてしまいかねません。

降圧剤には飲み合わせ注意の医薬品が多数みられる種類が少なくなく、注意事項を熟読しても把握し切れないことも考えられ、使用してみたい降圧剤があっても自己判断で購入して服用を開始するのはリスクが大きいことから医師への相談が必要になります。
高血圧治療を行っている人は体質や症状によって禁忌とされる薬も多く、通販では日ごろ服用している種類の購入のみに留めておくほうが安心で、その際も服用後にいつもと違う症状があらわれたら念のため病院へ行くことが重要です。